tyamaguc07's hatenablog

考えたり調べたりしたことを書いていく。

16 personalitiesで内面の変化を定量化して、自分が変われることを知れるぞ!

ゆのんさんのつぶやきとブログを見て「これは!」とワクワクしたので早速やってみた。

きっかけとなったつぶやき

私の反応

つぶやいている通り、自分は無意識に16 personalitiesは変わらないと思っていた。
これが変わるとなると色々受取り方が変わってくる。
ゆのんさんの仰る通り、自身の内面の変化を定量化できる。


これは今年の行動指針「トラッキングする」にも繋がる。
そして何より、比較できる情報の価値は大きい。 

やってみた

実施日 2018/3/7 2019/01/14
タイプ 冒険家(ISFP-T) 冒険家(ISFP-T)

意識

(どのように他人を関わりを持つか)

内向型(72%) 内向型(68%)

エネルギー

(どのように物事を見て、情報を処理するか)

現実型(68%) 現実型(51%)

気質

(どのように意思決定を行い、感情を処理するか)

道理型(%不明) 道理型(65%)

戦術

(どのように仕事や計画を進め、意思決定を行うか)

不明 探索型(58%)

アイデンティティ

(能力や決定に対する自信の度合い)

不明 慎重型(64%)

残念ながら昨年のデータは一部しか残っていなかったが、一部を比較できるだけ嬉しい。

見ての通り大きな変化はないが、多少の変化は起きている。
この変化がどのようなモノとして起きたのか考えてみたい。

意識の変化

昨年は社外の勉強会でトークをさせてもらう機会が4回あった。
3/7に16personalitiesをする前に2回、後に2回。

それ以外にも社外の方と話をさせて頂く機会が増えた年でもあった。

おそらくだが、社外の方とコミュニケーションすることの不安が減ったことが数値の変化につながっているのだと思う。

エネルギーの変化

この1年で直感的に判断しとりあえずやってみるという動きが増えた気もするが、それ以上に自分のことを知ったからだと思われる。

以前の自分は現実型で「ありたかった」現実型だと「思っていた」。

これが最近では、自分は結構直感型で思いつきで行動することが多いということに自覚的になってきた。

変化の定量

最初にも書いたが、このような形で自分の変化を定量的に見れるとは思ってもみなかった。

やってみて思ったが、1年のふりかえりにも有効に使えそうだ。
そして何より、「自分が変化出来ること」を知れる1つの手段である。

自分は内向的な人間で変わらない。と思っていたとしても、このような取り組みを経て少しでも変われることを実感できれば、次の行動につなげる事ができるのではないかと思った。

#RSGT2019 のふりかえりと感想

(書きかけ)

ふりかえり with KPT

Keep

  • 自分が今の会社の中でやっていきたいことが明確になった
  • 測定することの大切さを改めて知った。
  • 一緒に参加してもらったメンバー全員が楽しかったと言ってくれたこと
    • 「チーム全員参加させたい!」と言ってもらえた
    • チケット代の予算獲得してよかった!
  • 新しい施策を思いついた
    • チームとしてやめたことを残す
      • 昔辞めたあの施策、今あらためてやるといいんじゃないか。みたいなきっかけを生みそうな予感から
    • チームに高い目標(理想?)を作ってもらう
      • How do we interact?
      • How do we code?
      • How do we do business?
      • How do we innovate?
  • ふりかえりをしていること
  • OST楽しかった
  • 軽井沢に住みたくなった
  • ヤッホーブルーイングのファンになった

Problem

  • 参加者とあまりコミュニケーションできなかった
  • OSTに話したいことを持ち込めなかった
    • OST始まってから思いついた
  • 事前に会社のメンバーとRSGTの行動目標決めておけばよかった
    • 知らない人と話すために名刺5枚ゲットする。みたいな。

Try

  • Day毎にふりかえり
  • 懇親会に参加する
  • 休憩中に毎回誰かに声をかける

感想

Day1, 10:10 delivering what matters

Day1, 13:00 Coaching resilient Scrum teams

Day1, 14:00 行動分析学に基づくScrumの導入

Day1, 15:15 心理的安全性ゲーム

Day1, 16:15 超Scrum入門〜未完成フラクタルと15minSprint〜

Day2, 10:10 Learning to Experiment

Day2, 13:00 Effective Retrospective / とにかく楽しいふりかえり

Day2, 14:00 プロダクトの「負債」を「機能」と呼び直すために ーA/Bテストを用いた"価値"の定量化ー / Fact based decision making

Day2, 14:25 プロダクトオーナーとして『開発プロセス』を思考せよ〜EBM(Evidence-Based Management)を軸とした『プロセスの見える化』と『ムダからの解放』を実践したインパクトについて〜

Day2, 15:15 そのときサーバントリーダーはどう振る舞うか

Day2, 16:15 学習する/Unlearnするチームへ ー 新卒研修とスクラムとモブプログラミング ー

Day3, 10:10 Open Space Technology

楽しい

成功体験

unlearnとは

Day3, 13:00 よなよなエール流 熱狂を生むチームづくり ~8年連続赤字から13年連続増収増益までの軌跡~

■ プログラミング言語Rust 「4.4. コメント」「4.5 if」写経時のつぶやき

4.4. コメント

4.5 if

プログラミング言語Rust 「4.3. プリミティブ型」写経時のつぶやき

2018/12/13

2018/12/14

2018/12/15

2018/12/16

2018/12/23

プログラミング言語Rust 「4.2. 関数」写経時のつぶやき

2018/12/11

2018/12/12

プログラミング言語Rust 「4.1. 変数束縛」写経時のつぶやき

2018/12/10

プログラミング言語Rust 「3.2 食事する哲学者」写経時のつぶやき

2018/12/07

2018/12/08

2018/12/09